MENU

【ラスボスの私が主人公の妻になりました】19話ネタバレ|フィオナ、城を出る

ピッコマで連載中の【ラスボスの私が主人公の妻になりました】19話のネタバレをお伝えしていきます。

タップで移動▼

←前の話 今の話 次の話→
18話 19話 20話
Sponsored Link
目次

【ラスボスの私が主人公の妻になりました】話ネタバレ

大人になれば別々の道を歩むのは当然であるとフィオナは言い放つ。

シグレンはつれない言いぐさに対して冷たい内容であることを伝えるが、フィオナは理性的と言って欲しかった。

シグレンからどこへ向かうか問われたフィオナは、暖かい土地へ向かうと返す。

真冬のような寒さを感じさせるフィオナの言葉を聞いたシグレンは、残念な表情を浮かべていた。

シグレンの消沈具合を見たフィオナだったが、彼が複雑な気持ちになることは理解していた。

なぜなら首都はシグレンにとって最も危険な場所でありながら、彼にとっては故郷でもあるからだ。

今、この瞬間にもシグレンは命を奪われる危険と隣合わせなのだ。

落ち込むシグレンの顔に手を添え、フィオナは彼の励みとなる言葉を伝える。

フィオナの小さな優しさに触れたシグレンは、多少の甘えが出る。

もちろん、甘えの内容はシグレンの側にフィオナが残って欲しいことである。

だがフィオナは、それ以上、彼を甘えさせる気はない。

シグレンの甘えを拒否しながらも、彼が求めていたであろう笑顔をフィオナは向けてあげるのだった。

シグレンの気持ち

シグレンはぼそっとつぶやき、聞こえているフィオナは、彼の言葉に対して返答する。

だが、シグレンは満足しない。

フィオナの手を握り締め、シグレンは関係をハッキリとさせようとしてきた。

えらく真面目な顔をするシグレンに対し、フィオナは彼にいちばん大切な存在であると告げる。

さらに踏み込んだことを聞きたいシグレンは、自分が知らない土地へ向かう時、フィオナはどんな行動を取るか質問をした。

シグレンの言葉を額面通りに請け負ったフィオナは、友達を見送るのに理由は無いと言ってしまう。

不貞腐れ後ろを向くシグレンを気にもとめず、フィオナは寒さを和らげるブランケットを探し出す。

その時、シグレンは後ろからフィオナを抱きかかえた。

そしてフィオナに言いたいことだけを告げ、部屋を出ていく。

Sponsored Link

アヴェルの見送り

馬車は使用人たちが荷物を運んでいた。

アヴェルが荷物を確認した後、フィオナに対してシグレンが来ないことを問いかける。

フィオナはシグレンが来ない理由は拗ねているだけであると告げる。

フィオナから伝え聞いたアヴェルは、シグレンが来ない理由を笑い、そのまま作業を続けていた。

旅立つフィオナに対してアヴェルは一通の封筒を渡す。

渡された封筒はヘイロン邸に対する招待状。

想定外のことで大喜びするフィオナに対し、アヴェルはいたずらめいた表情と視線を送っていた。

馬車に乗り込んだフィオナに対し、アヴェルはあっさりした見送りの言葉を掛ける。

メイドたちに手を振りながらアヴェルの口元に注目すると、どうやらフィオナの名前を呼んでいるようでした。

気になったフィオナは馬車から身を乗り出し、アヴェルの声を聞こうとします。

すると、アヴェルは大きな声で、これで終わりではないと笑顔で言っていたのだ。

アヴェルらしい見送り方に呆れつつも、フィオナは馬車に乗り、旅へと向かう。

Sponsored Link

【ラスボスの私が主人公の妻になりました】話の感想

シグレンに後ろから抱きかかえられたら、そういう雰囲気になってしまうでしょう。

でも相手が悪かった。

フィオナには、その手の話が効かないんだ、これが!

さて、これから城の外へと出ていくわけですが、一体どんな出来事がフィオナに待ち受けているのでしょうか。

お城の外は危険がいっぱいなのかな?

タップで移動▼

←前の話 今の話 次の話→
18話 19話 20話
Sponsored Link
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる