MENU

【乙女ゲームの最強キャラたちが私に執着する】20話ネタバレ|ダリアに付く侍女の名前とは

ピッコマで連載中の【乙女ゲームの最強キャラたちが私に執着する】20話のネタバレをお伝えしていきます。

Sponsored Link
目次

【乙女ゲームの最強キャラたちが私に執着する】20話ネタバレ

ダリアは急にセッションしたヒーカンとのダンス練習で彼の足を踏んでしまう。

自分のミスに気づいたダリアは、顔を真っ青にしながら全力で謝罪するが、ヒーカンは全く意に介さない。

それから2人は再びダンスに取り組み、なんとか最後まで踊り切ることができた。

急なことだったが、ダリアはなんとか乗り切り一息つく。

アクシデントはあったものの、言い出しっぺのマシュー夫人もダリアとヒーカンのダンスに文句はない様子。

踊りきった2人を労い、褒めてくれたことでダリアは嬉しくなる。

課題はあるかもしれないが、本番までにはなんとかなりそうだ。

ダリアはヒーカンに尋ねる

マシュー夫人がいなくなったあと、残されたダリアはヒーカンと2人きりになってしまいました。

足を踏んでしまったこともあり、ダリアとしては気まずい雰囲気が漂っており、このままではマズイ。

そしてダリアが最も疑問に思ったことは、ここへ来た理由でしょう。

ヒーカンもダリアの雰囲気を察したのか、話し始めました。

その内容はダリアの侍女の件だった。

ダーレンとも話していた侍女の件はヒーカンも手を尽くした結果、皇帝が選んだ人物になることを伝える。

ダリアはヒーカンが話したことと、皇帝が選んだ相手であることに驚いた。

しかし彼女をより驚かせたのは、ヒーカンが自分のイベントに関与してくれたことだった。

そして、それが何よりも嬉しかった。

その笑顔を見たヒーカンは、自分の妹であるダリアに対し、ペステローズ家の名も掛かっていることを告げる。

つまり、彼はダリアをペステローズ家の人間と認めると言っていた。

Sponsored Link

ダリアに付く侍女とは

皇帝が選んだ侍女に関しては、舞踏会当日にならないと顔合わせができないと言われてしまう。

できれば会っておきたかったが、仕方ないことだ。

舞踏会当日の顔合わせとなれば、入場に関してはダーレンかマシュー夫人のどちらかで対応するのだろう。

侍女の件に関して一安心していたダリアだったが、彼女はそれをすぐに撤回しなければならなくなる。

なぜなら、彼女に付く侍女の名はアドリーシャ・ベニテル。

アドリーシャは「ウロボロスの迷宮」というゲームの主人公なのだ。

ダリアは主人公を自分の侍女に従える現実に恐れ慄くのだった。

【乙女ゲームの最強キャラたちが私に執着する】20話の感想

ついにヒーカンからペステローズ家の人間と認められましたね!

ハッキリと認めた言葉は残していませんが、侍女を探すために奔走してくれるのは、やはり認めている証拠でしょう。

家の人間と認めてなかったら、逆に侍女をつけないとかしますもん。

そして、やはり侍女は曲者でしたね!

まさかゲームの主人公であるアドリーシャ・ベニテルを従えるとは予想外です。

一体、この後に開かれる舞踏会はどんな形で催されるのか。

これは期待せずにはいられませんねっ!

Sponsored Link
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる