MENU

【白龍公爵ペンドラゴン】20話ネタバレ|感じ取る不穏な空気と謎の人物

ピッコマで連載中の【白龍公爵ペンドラゴン】20話のネタバレです。

ここから先はネタバレとなりますので、閲覧にご注意ください。

タップで移動▼

←前の話 今の話 次の話→
19話 20話 21話
Sponsored Link
目次

【白龍公爵ペンドラゴン】20話ネタバレ

白き龍は空を見上げ名を呟く。

そして自らを見つけてくれるものをひたすらに待ち続けていた。

森を進むペンドラゴン一行

川沿いを進軍するペンドラゴン一行に対し、空からは蛇に羽がついた化け物が襲ってきていた。

疲弊する人間たちに対し、オークたちは自慢の体を武器に棍棒や斧を振り回して退治していく。

一段落が済んだ時、ペンドラゴンはクラトゥールに対して負傷者の手当を指示する。

ローブを着て杖を持つオークだ。

ペンドラゴンの指示を聞いた彼は、薬師としても腕に覚えがあるようで、指示を汲んで動き始める。

そして斥候に出ていた兵もタイミングよく帰還し、ペンドラゴンは近況の報告を受けた。

斥候兵の報告によると川上は敵が少なく、引き続き進軍は可能だが魔物との戦いには体力的な危険があるそうだ。

斥候兵の情報を統合したペンドラゴンは、カルターに対してソルドレイクの領域にたどり着く残り距離を問う。

カルターは手を顎に当て、残り距離について話すが、どうやら彼自身も詳細な距離や場所はわからないらしい。

しかし現在の場所はオークの縄張りであり、強い魔物も簡単に出入りしないと言う。

ペンドラゴンは得られた情報から、今日は少し先の採石場跡で野営する判断を下すのだった。

Sponsored Link

採石場跡にて

無事、採石場跡にやってきたペンドラゴンだったが、言葉にできない不穏な空気を感じ取る。

そして側にいたカルターに採石場が封鎖された理由を尋ねた。

カルターは採石場にゴブリンがいたのだが、一斉に姿を消してしまったと語る。

ペンドラゴンは視線を下げ、カザールと呟いて詳細を知っているであろうゴブリンに尋ねる。

しかしゴブリンもカルターと同じく消えた理由はわからない。

ゴブリンが採石場で石を採掘するなんて聞いたこともない。

なぜならゴブリンは働くよりも奪ったり、盗んだりするからだ。

考えていても答えは出ない。

ペンドラゴンは予定通り、この採石場跡で野営をすることを全体に告げる。

忍び寄る不穏な空気

夜の見張りはオークと人間兵で交代する決まりとなった。

見張っている時、人間の兵士が野営の近くで音がすることに気づく。

持ち場を離れ、確認へ向かった人間の兵士は森の入口付近で何かを見た。

それが彼の最後だった。

腰に吊るした剣の柄を握ると同時に、彼の胸には大きな刃が突き刺さっていた。

一方、ペンドラゴンは消えたゴブリンの謎が気になっていた。

もしも消えたのではなく「消された」としたら・・・。

崖の上ではローブに身を包んだ何者かが、地面から無数の手を呼び出していた。

Sponsored Link

【白龍公爵ペンドラゴン】20話の感想

あっさりと森の中を進軍できたと思ったら、今度は魔術師っぽい謎の人物が登場しました。

しかも手は無数の骸骨です。

もしかして、次の敵はネクロマンサーなんですかね?

この採石場も一筋縄では攻略できなそうです。

タップで移動▼

←前の話 今の話 次の話→
19話 20話 21話
Sponsored Link
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる