MENU

【白龍公爵ペンドラゴン】18話ネタバレ|カルターに対する秘策

ピッコマで連載中の【白龍公爵ペンドラゴン】18話のネタバレです。

ここから先はネタバレとなりますので、閲覧にご注意ください。

タップで移動▼

←前の話 今の話 次の話→
17話 18話 19話
Sponsored Link
目次

【白龍公爵ペンドラゴン】18話ネタバレ

カルターは殴った右手を見て感触を味わっていた。

殴り飛ばしたはずのペンドラゴンは、五体満足のまま仰向けで地面に寝っ転がっていたからだ。

本来なら砕けていたのかもしれない。

だが、ペンドラゴンは立ち上がり、額から血を流して悪態をつく。

立ち上がって険しい顔を見せるペンドラゴンの姿に対し、一同は驚きの表情を見せる。

その瞬間、ペンドラゴン側の人々は彼を守るためにオーク討伐に向かおうとする。

ペンドラゴンの本気

護衛たちが動きを見せた瞬間、ペンドラゴンは静止を掛けた。

これはオークと自分のガチンコ勝負である。

それを告げると、再びペンドラゴンはアンコーナ・オーク最強と謳われるカルターに向かい合う。

ペンドラゴンが額から流す血と、先程の一発を与えたカルターは余裕の表情を見せていた。

だがペンドラゴンは俯いた後、カルターを見下す角度に顔を上げると同時に傷ついた額を瞬時に再生してみせる。

それが再戦の合図となった。

巨大な四肢を活かして突進してくるカルターの一撃を避けると、地面は大きくひび割れる。

Sponsored Link

ペンドラゴンの思惑

カルターの一撃を避けると同時に、ペンドラゴンはオークの習性を考え、策を練っていた。

オークに対して一撃を決めるには相手の動きを制する必要がある。

そこで思いついたのは自分の再生能力を使った方法だった。

再び突進してくるカルターに対し、ペンドラゴンは挑発の言葉を放つ。

オークは猪突猛進的な性格をしており、やはりカルターもその例から漏れなかった。

ペンドラゴンの言葉を耳にしたカルターは、彼のキレイな顔を吹き飛ばすため右足を上げて大きく薙ぎ払う。

だがペンドラゴンは避けず、カルターの右足を自らの手でガードしていた。

もちろん受け止めた代償はタダではない。

それでもカルターを射程内に収めたペンドラゴンは、片足で立つ彼のバランスを崩させたと同時に宙を飛ぶ。

ペンドラゴンの一撃に驚く一同

カルターの顔面に蹴りを入れ、彼の巨躯が地面へ沈むのを見届けた。

人間側は顔をこわばらせた驚きの表情、オーク側は喜びが交じる驚きを見せる。

カルターの元にやってきた同族のオークたちは、大きな声で彼が負けたことを告げる。

一方、ペンドラゴンは地に沈んだカルターを冷ややかな表情で見下ろしているのだった。

Sponsored Link

【白龍公爵ペンドラゴン】18話の感想

再生能力をフルに使い、圧倒的な体格差があるカルターを沈めたペンドラゴンはかっこいいですね!

さてカルターを倒した後、ペンドラゴンは何をするのでしょうか?

やはり勧誘でもするんですかね?

タップで移動▼

←前の話 今の話 次の話→
17話 18話 19話
Sponsored Link
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる