MENU

【悪女に義理などありません】17話ネタバレ|ジュジュと対面を望んだバチルダ

ピッコマで連載されている【悪女に義理などありません】17話のネタバレです。

ここから先はネタバレとなりますので、閲覧にご注意ください。

タップで移動▼

←前の話 今の話 次の話→
16話 17話 18話
Sponsored Link
目次

【悪女に義理などありません】17話ネタバレ

コソコソと話し声がする。

不愉快な内容のネタを話しているのは、今日の舞踏会にやってきた脇役の女性たちであろう。

彼女たちが喋ているのはジュジュとルスランの関係性だ。

ルスランの容姿ならジュジュ以上の女性が適任と思っていたのだが、彼女は釣り合いが取れている美貌だった。

そのため嫉妬に駆られた彼女たちがコソコソと妬んでいたのだ。

一方、妬まれていた当の本人であるジュジュは、男性たちから求められたダンスを踊っていた。

四英傑の紹介をするジュジュ

魔法を使ってルスランとジュジュは四英傑を探していた。

ジュジュは周囲を見渡し、ルスランに四英傑の紹介をしていく。

まず耳の尖った背の高い女性は陸軍将軍・パスカリーナ。

出身は森の民で地位も王女級に高いと言われているのだが、何かの理由でそこから逃げ出した。

次は黒髪オールバックにメガネを掛け、注がれた飲み物を飲む男は宮殿内部長官・ディートリヒ。

遠方から今回の舞踏会にやってくる辺り、かなり野心家の男である。

そしてジュジュが次の紹介に移ろうとした時、ルスランに話しかけてきた女性がいた。

その女性こそ四英傑の一人、商談組合長・イレーネである。

イレーネは平民の出であるが、今では公爵となっており、言動とは裏腹に計算高い行動をする注意が必要な女だ。

最後に舞踏会に顔を出していない大司教・ヨナタン。

以上の4人をまとめる時、四英傑と呼んでいる。

Sponsored Link

ジュジュの心に灯った火

多くの男性たちと踊った後、ジュジュは心の中で嘆いていた。

周囲の男たちはシャロテ時代だと見られなかった対応をしていたからだ。

外見が違うだけで対応も違う。

そして復讐相手のアルベルトすらシャロテと気づいてもらえなかったのだ。

当たり前のことではあったが、それはジュジュにとってとても悔しい出来事でもあった。

ゆえにやり場のない怒りを灯し、顔をこわばらせる。

そんな時、ルスランがジュジュに対して表情に出過ぎていることを忠告する。

ルスランの指摘で頭を冷やしたジュジュは、再び冷静さを取り戻すと同時に心の中で彼に対して例を述べる。

バチルダに呼ばれたジュジュ

使用人と思しき人に呼び止められ、ジュジュはバチルダの元へと案内される。

ジュジュは口元に笑みを浮かべ、使用人の後ろへ付く。

なぜなら舞踏会に参加した第一の目的、それはバチルダとの接触だったからだ。

案内された先でバチルダと喋るジュジュは、彼女が備え持っていた素直さに拍子抜けする。

復讐相手のアルベルトの妻である皇后なのだから、嫌味な性格をしててもいいだろうと思っていた。

だが、目の前で喋る相手はあまりにもピュアすぎた。

しかもジュジュに対して自分を姉のように慕って欲しいとまで言い出す。

大人であれば誰もが併せ持つであろう損得勘定、打算、不誠実さという二面性を感じさせないほど、バチルダは純粋無垢だったのだ。

ゆえにジュジュは薄っすらと自分とバチルダを比べてしまう。

それでも彼女は歩みを止めることができない。

ジュジュはバチルダから頼まれたことを実行するため、改めて自分の口から話し相手を務めると申し出るのだった。

Sponsored Link

【悪女に義理などありません】17話の感想

意外と早くに皇帝・アルベルトと近い位置にいる人の元へ潜り込めましたね。

この話でジュジュ(シャロテ)の精神的な脆さも表現されていたので、今後の布石になりそうな話でした。

現状、ジュジュは目的へ一直線ですが、アルベルトを手に掛けようとした時、手を止めてしまうかもしれません。

次回はバチルダとのお話になると思われますが、ジュジュは一体どんな話をしてくれるのでしょうね?

楽しみに次回を待ちたいと思います。

タップで移動▼

←前の話 今の話 次の話→
16話 17話 18話
Sponsored Link
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる