MENU

【赤騎士は金の亡者になりません】19話ネタバレ|ギリューから渡された贈り物

ピッコマで連載中の【赤騎士は金の亡者になりません】19話のネタバレをお伝えしていきます。

ここから先はネタバレとなるため、閲覧にご注意ください。

タップで移動▼

←前の話 今の話 次の話→
18話 19話 20話
Sponsored Link
目次

【赤騎士は金の亡者になりません】20話ネタバレ

ルイはユディットのことを金の亡者だと思っていたが、実際は少し違っていたとド直球で言い放つ。

あまりに豪快など火の玉ストレートにユディットもびっくりだ。

そしてルイから言われた「先」についての話がユディットに暗くのしかかる。

ルイの未来を知るユディット

回帰しているユディットはルイの最後を知っている。

2年後の冬、412年に魔獣討伐の任務先でルイは命を落とすのだ。

先にやられたヴィオーレを置いて逃げたものの、魔物たちに囲まれて命を落とすのがルイの運命である。

レイモンから弔慰金を渡される時、彼とユディットは口論になってしまう。

口論はエスカレートしていき、最終的にお互いを非難しあい終わった。

その後、レイモンもドラゴンの暴走に巻き込まれ、この世を去る。

そうして過去のユディットは金以外、すべての物を失ったのだ。

そんな過去を思い出しながら、ユディットは今、生きているルイと再び語り合っている。

今度こそ間違わない。

Sponsored Link

ルイ以外の来客

話が盛り上がってルイから神学書を借りることになった時、ノックをする音が聞こえる。

談笑していた2人は音に気づかないようで、扉越しにいた人間が声をかけた。

相手はギリューだ。

ギリューは入るとルイに席を外すように願い、ユディットと2人きりで部屋に残る。

ルイは神学書を探しておくと言い残して去っていく。

残されたギリューとユディットは気まずい雰囲気の中、何も言わず無言で見つめ合っていた。

ギリューの贈り物

先に口を割ったのはギリューからだった。

去り際に残していったルイの言葉を借りて、ユディットに神学を勉強する理由を尋ねる。

だが、目の前のユディットから得られる情報は少なかった。

むしろ話題をミスっと思っており、この状態から次の話題を振ったら、まるで上官が尋問している状況のようになってしまう。

それでも話さなければ前に進まないので、ギリューは共通の話題から話を切り出していく。

出した話題はフェオン・グラン卿の処分だ。

ユディットと揉め事を起こした男である。

その後はすらすらと処分と対応について話していき、普段どおりの接し方に戻っていった。

一通り話し終えた後、ユディットはギリューから何か聞きたいことは無いかと尋ねられる。

もちろん、彼女は自分の減給処分を消して欲しいと願い出たいところだった。

しかしユディットは耐え偲んで、あくまでも冷静な表情のまま何一つ言いたいことは無いと言い切る。

そんな取り付く島もないユディットを見かねて、ついにギリューから本題を切り出した。

彼は胸ポケットから1通の封筒を差し出す。

その中に収められていたのは青い小切手。

上限100万ゴールドまで書いていい特別仕様の物だった。

Sponsored Link

【赤騎士は金の亡者になりません】20話の感想

ユディットとしては今、とてもつらい状況にあるでしょうね。

命を落とすとわかっている仲間が目の前にいて、過去の自分と違って仲良くなってきているのですから。

最後に渡された100万ゴールドが上限の小切手ですが、守銭奴のユディットなら100%限度額まで書きますよね。

私だったら理由を付けて書いちゃいます。

タップで移動▼

←前の話 今の話 次の話→
18話 19話 20話
Sponsored Link
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる