エヴァンゲリオンの情報マガジンサイト
UPDATE. 2015.3.3

ゲーム実況レポート 「新世紀エヴァンゲリオン2」Part3〜激戦、逃避の向こうに〜

全国のエヴァファンのみなさん。
ゲーム実況プレイ配信、第3回目のお時間ですよ〜。

前回は「釣りエンディング」が見やすくなる技の紹介と、ヒカリとの恋愛をお送りしました。
今回は本線に戻って、エンディングに向けての苦難の道をお届けします。

「釣りエンディング」を見るには「落胆モード」の存在が欠かせないって話は前回しましたよね?
この「落胆モード」ってのは、他者の評価がアップしやすくなる内部的なモードなのですが、ある条件を満たすことで強制的に移行させられるとのこと。

その条件はサキエル、シャムシエル、ラミエル、マトリエル、サハクィエル、ゼルエル、アルミサエルの内の6体を倒し、最後の1体との対戦でボロ負けするというものです。

登場する使徒の順番はランダムな上、途中ではガギエルみたいな「条件とは関係のない使徒」と対戦(=強制的に勝利)することもあるので、意外と手間と時間がかかります。

あっ、遅くなりましたが、ここらでバトルの基本を説明しておきます。

バトルは第3新東京市を簡易的に表したMAP上で行われます。

使徒とエヴァにはそれぞれ射程距離が存在し、その距離に応じた武器で相手への攻撃を行うのです(アイコン前方の△内が射程距離)。

射程距離が長いものや威力の高い武器は、リロード時間が長くなるため、攻撃後に高確率で反撃されるというリスクがあります。

逆に、威力が弱い武器はリロード時間が短いので、反撃を回避しやすくなるワケですね。

エヴァの移動スピードも大事です。

大きな武器やアンビリカルケーブル(赤いビルから伸びている線)をつけていると移動スピードが遅くなります。

使徒は基本的にネルフ本部の破壊を最優先事項として移動するため、あまりにもエヴァの足が遅いと先に本部を破壊されて「サヨナラ・・・」的なことにもなります。

シンプルな見た目とは違い、結構難易度が高いし、使徒が出現するポイント如何で倒しやすくなったり、倒しづらくなったりと、運に左右されるとこもあるんですよ。
お分かりいただけましたでしょうか?

では、説明も終わったし、早速使徒を

殲滅

していきましょう!

まずはサキエルを殲滅!


お次はシャムシエルを殲滅!

昔、親友のM君と「シャムシエル」か「シャムシェル」、どっちの名前が正しい(“エ”のサイズ)かで大喧嘩したのはイイ思い出です。

3体目はドロドロを吐くことで有名なマトリエルさん。

レイを盾にするという作戦が功を奏し、何とか撃破。

ここまでは順調です。
が、しかし、

次に現れるは、原作ファンならご存知の

最強使徒・ゼルエル登場!

です。

しかしながら、今までのバトルは近距離でのガチンコ削り合いでアッサリ勝ててきただけに、今回もさほど苦労はしないハズ。

いざ、勝負!

あーーーっ!

強い、強すぎる。
遠距離攻撃を受けながらも、近距離戦に持ち込もうと気にせず突進したら、ゼルエルに辿り着く前に

アーメンです。

びっくりするくらい、何もできませんでした…。

気を取り直して、前回のセーブデータまで戻って再び挑みます!

「シンジ君っ!」

そんなミサトさんの声が聞こえてきそうなくらい、またもや何もできずに終了。

まだだ!

3度目の正直です。

▲こんどこそ!
-----------------------------------------
ここから先は
会員登録が必要です。

※スマートフォンで閲覧する場合はベーシック会員の登録が必要です

ログイン(会員の方はこちら)

新規入会

-----------------------------------------

(C)カラー
(C)BANDAI 2003
関連情報