エヴァンゲリオンの情報マガジンサイト
UPDATE. 2017.7.13

VR史上初のエヴァ操縦体験が楽しめる!「エヴァンゲリオンVR THE 魂の座」体験レポート

国内最大級のVRエンターテインメント施設超現実エンターテインメントEXPO『VR ZONE SHINJUKU』が、いよいよ2017年7月14日(金)にオープン!VR史上初のエヴァ操縦体験が楽しめる「エヴァンゲリオンVR THE 魂の座」をはじめとするアクティビティが体験できます。

エヴァゲートでは、 『VR ZONE SHINJUKU』のオープンに先駆けて行われた内覧会に潜入してきました!

国内最大級のVRエンターテインメント施設『VR ZONE SHINJUKU』外観
国内最大級のVRエンターテインメント施設『VR ZONE SHINJUKU』入り口

『VR ZONE SHINJUKU』は、JR 新宿駅東口より徒歩7分。西武新宿駅からは徒歩2分です。
(Google Mapで見る)

詳しいアクセス方法は『VR ZONE SHINJUKU』公式サイトでご確認くださいね。


エントランスから『VR ZONE SHINJUKU』にゲートを通り入場していくと、まず、巨大なセンターツリーに目を引かれます!


時間や季節によって変化する、プロジェクションマッピングを使った光の演出が楽しめる

近未来にやってきたかのような幻想的な光景です。
壁に触るとちょっとした仕掛けがあり、光と連動した演出が体験できます。

時間や季節によって変化する、プロジェクションマッピングを使った光の演出にもぜひ注目してみてくださいね。

圧倒的スケールで味わうエヴァとのシンクロ体験!パイロットになり、第3新東京市を防衛せよ
圧倒的スケールで味わうエヴァとのシンクロ体験!「エヴァンゲリオンVR THE 魂の座」

今回『VR ZONE SHINJUKU』にて初公開された、VRアクティビティ「エヴァンゲリオンVR THE 魂の座」。

エヴァゲートスタッフも今回体験させていただきました!
先にプレイしている人たちの様子が気になり、順番待ちをしている間にも手のひらに汗が浮かんできます。

一度トイレに行っておこうかな〜なんて考えていると、あっという間に順番が回ってきました。 操作方法や注意事項を聞き終えると、お待ちかねのコクピットへ乗り込んでいきます。

「エヴァンゲリオンVR THE 魂の座」専用体感マシン

「エヴァンゲリオンVR THE 魂の座」は最大3名1組で遊べるので、体感マシンも零号機、初号機、2号機別に用意されています。友達とプレイする際は、どれに乗るか事前に相談しておきましょう。今回スタッフは、シンジ君を体験したいので初号機をチョイスしました。

アクティビティの際は、エントリープラグ内コックピットを再現した専用体感マシンに座り、VRゴーグルとヘッドセットを身につけ、エヴァの世界を体験していきます。マシンに座った瞬間、一気に気分が最高潮に。これだけでも、エヴァのパイロット気分に浸れます。

そしてVRゴーグルをつけ、アクティビティがスタートすると世界は一変します。

目の前に広がるエヴァ格納庫の場面、これがエヴァに初めて乗った時のシンジ君が見た光景!アニメでは決して見ることのできない視点からの映像に気分はもうパイロットそのもの!視点を色々動かすと、コクピット内と格納庫を隅々まで見ることができ、ここだけでもすでにすごい体験です。左右には、零号機と2号機も配置されていました。またプラグスーツ姿の足と手もVR化されており、操縦レバーを動かすとしっかり手とレバーが連動して動きます。あぁ心は14歳の頃の僕。もう逃げることはできない。
「逃げちゃダメだ」あの名ゼリフが心の中に浮かんできます。


「エヴァンゲリオンVR THE 魂の座」専用体感マシン 登場中の様子

アクティビティはエヴァの起動シーンから始まります。LCL注入からA10神経接続、シンクロ率計測がパイロット視点で体感でき、 LCLが注入されるところは、映像とわかっていても口元までLCLが見えたとたん、窒息するかと思って息を止めてしまうぐらいの臨場感があります。またヘッドセットのマイク(プレイ中にパイロット同士で会話可能)を使い、このLCL注入時にぜひ会話をしてみてください、こだわりの演出を見ることができますよ。ここは見逃しやすいので是非お試しください。

今回のアクティビティでは、エヴァ正規パイロットが不在の中、プレイヤーは3人一組でNERVに選ばれた「臨時パイロット」としてそれぞれ初号機・零号機・2号機に搭乗します。もちろん、3人いなくてもプレイは可能ですが、是非3人でプレイされるのをオススメいたします!

エヴァンゲリオン発進!

発進の準備が整うといよいよお待ちかねのエレベーターシャフトを使って使徒の元へ向かいます。ここも劇中通りに再現されており発進からリフトオフまで余すところなく体験できます!振動・可動機能により、発進の際の振動も、本当にエヴァに搭乗しているような感覚でした。シンジ君、こんな感じだったんだねと、ふと物思いにふけるスタッフでした。

「エヴァンゲリオンVR THE 魂の座」は、他のプレイヤーと協力し、エヴァの活動限界までに第3新東京市に迫る最強の使徒・第10の使徒の撃破を目指します。

今回はスタッフ2名で使徒殲滅にチャレンジしてみました!

ゲーム内で使える武器は、パレットライフル・ガトリング砲・N2ミサイルの3種類。最初から3種類すべて選べるわけでなく、プレイ中に獲得していく武器もあります。また、N2ミサイルは装備すると動けなくなるので、GETしたらすぐに使いましょう。

それぞれの武器の特性を生かしながら、レティクル(照準)を合わせて攻撃するのが勝利へのカギです!

操作はレバーでエヴァを前後左右に移動でき、顔の向きでレティクル(照準)を使徒に合わせ、右トリガーで攻撃します。照準を合わせる際は、自分の顔の向きを変えながら、照準を合わせていくのですが、意外とこれが難しい! でもうまく当てた時の爽快感は言葉では言い表せないほどすがすがしかったです(味方にも攻撃していたのは秘密です)

そして、VRなだけあって、使徒に近づき、目の前で対峙する様子はかなりの大迫力、緊迫感がありました。 近くは攻撃を当てやすいですが、使徒の攻撃もガンガン当たるので気を付けましょう。また一定の攻撃を受けるとエヴァはダウンし攻撃ができなくなります、その時は両方のレバーを素早く前後すると回復します。そうこれは「動け、動いてよ!」も体験できてしまうのです。スタッフは今回2回も「動け、動いてよ!」をしてしまいました……。

使徒を倒すため頑張って攻撃を続けましたが、無情にもクリアは失敗。これは……想像以上に難しい! 係の方に聞いてみたところ、少し難易度は難しめに設定とのことでした。

人類の未来はプレイヤーの行動に託されています。
エヴァとのシンクロや使徒との戦闘を是非現地で確かめてみてください!絶対に損はしませんよ!

『VR ZONE SHINJUKU』限定グッズも!見逃せないVR ZONE Store

「エヴァンゲリオンVR THE 魂の座」を体験した後は、会場限定グッズをはじめとするエヴァグッズに出会えるVR ZONE Storeも要チェック。

『VR ZONE SHINJUKU』限定グッズも!見逃せないVR ZONE Store

VR ZONE Storeには限定商品として、来場の記念になること間違いナシのアクリルキーホルダーや、「エヴァンゲリオンVR THE 魂の座」キービジュアルを利用したモバイル充電器、そしてNERVマークとVR ZONEのロゴがあしらわれた名刺ケースが販売中。

使徒と戦ったあなたなら、きっと欲しくなるはず。

・『VR ZONE SHINJUKU』限定 アクリルキーホルダー

『VR ZONE SHINJUKU』限定 アクリルキーホルダー

・『VR ZONE SHINJUKU』限定 モバイル充電器

『VR ZONE SHINJUKU』限定 モバイル充電器

・『VR ZONE SHINJUKU』限定 名刺ケース

『VR ZONE SHINJUKU』限定 名刺ケース

今後、限定グッズとしてTシャツとトートバッグが登場予定とのこと!こちらも楽しみですね。

また、VR ZONE Storeには、エヴァグッズコーナーも設置されておりますので、是非立ち寄ってくださいね!

『VR ZONE SHINJUKU』限定 名刺ケース

「エヴァンゲリオンVR THE 魂の座」体験レポートは楽しんでいただけたでしょうか?
史上初のエヴァVRアクティビティが楽しめる『VR ZONE SHINJUKU』は2017年7月14日(金)よりオープン。
使徒との戦闘やエヴァとのシンクロが楽しめるアクティビティをこの夏、ぜひ体験してみてくださいね!

施設概要

会場:超現実エンターテインメントEXPO『VR ZONE SHINJUKU』
(東京都新宿区歌舞伎町1-29-1)
期間:2017年7月14日(金)〜
時間:10:00〜22:00 ※最終入場時間21:00
・各アクティビティ
受付 21:30頃 ※各アクティビティに列がある場合は、早めに受付終了の場合あり。
休業日:年中無休
駐車場:なし
駐輪場:なし
チケット:1day4チケット ¥4,400(税込)
詳しくは『VR ZONE SHINJUKU』チケットページをご確認ください。

・『VR ZONE SHINJUKU』公式ページ
・「エヴァンゲリオンVR THE 魂の座」公式ページ

(C)カラー
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

関連情報