エヴァンゲリオンの情報マガジンサイト
UPDATE. 2016.10.6

【世界の大舞台で念願の勝利!】エヴァレーシング ボルドール24時間耐久ロードレースで総合第3位入賞

念願の表彰台獲得!

class=

エヴァンゲリオンレーシングは、2016年9月15日(木)〜18日(日)にフランス ポールリカールサーキットにて行われたFIM世界耐久選手権(EWC)第1戦「ボルドール24時間耐久ロードレース」に参戦しました!

今年80回大会を迎えた歴史ある、そしてリタイヤするマシンが続出することでも有名なレース。
その過酷なレースをチーム一丸となって、走りぬきました。

エヴァンゲリオンレーシング FIM世界耐久選手権(EWC)第1戦「ボルドール24時間耐久ロードレース」に参戦
リタイヤ者が続出するレースをチームがサポートし、見事完走

青空の中迎えた決勝、7番手スタートから15分で早くも3番手に浮上。
ポールリカールサーキットの特徴とも言える、ミストラルストレートと呼ばれる長い直線コースでは、最高速343kmを記録しました。

夜間走行では、転倒やマシントラブルでリタイヤするマシンが続出する中、丁寧な走りで快走を続けます。

順調に夜間走行を続けるエヴァンゲリオンレーシング
24時間の過酷なレースをピットも全力でサポート

レース終盤は、相当の疲労の蓄積がうかがえる中で3番手をキープ。安定した走行で後続との差を広げていきました。

レース終盤、エヴァレーシングは相当の疲労の蓄積がうかがえる中で3番手をキープ。

最後まで何が起こるか分からないレース、ピット内の誰もが祈るようにタイムモニターを見守る中、ついに総合3位でチェッカーを切りました!

総合3位に見事入賞。念願の表彰台へ

予選・決勝の詳しいレースレポートや、出口選手、井筒選手、エルワン・ニゴン選手、そして鶴田監督のコメントは公式サイトにて公開中!
ぜひチェックしてみてくださいね!

今回のボルドール24時間耐久ロードレースでは、エヴァンゲリオンレーシング RQ(レースクィーン)レイ役の引地裕美さんが勝利の女神としてチームを応援。
チームと共に24時間、レースの行方を見守りました。

エヴァレーシングRQ レイ役の引地さんも現地に同行チーム共に24時間レースの行方を見守りました

引地さんによるレースレポートも公式サイトにて公開中ですので、そちらも要チェック!

今後もエヴァンゲリオンレーシングの活躍をどうぞお見逃しなく!

エヴァンゲリオンレーシングの最新情報は、エヴァンゲリオンレーシング公式サイト公式twitterをチェック!

【エヴァンゲリオンレーシング公式サイト】
【エヴァンゲリオンレーシング公式twitter】

(C)カラー
(C)RUN'A Entertainment,Inc. All rights reserved

(情報提供元:ラナ エンタテインメント株式会社)

関連情報